top of page

坐薬(ざやく)ってなんだろう?

目的

坐薬は主に肛門に挿入して使用する固形の薬です。座薬は温度によって溶ける事を教えます。
この薬は小児用に用いられる事が多い為、使用したことがあるかどうかを聞いてみても良いでしょう。また、直腸から直接血管へ吸収されるので効果が速く現れることも理解して貰いましょう。

用意するもの

坐薬・ビーカー・50度程度のお湯、温度計です。画面では電子温度計を使用していますが、理科の実験用温度計でも大丈夫です。
お湯の温度を体温と同じ36度程度にすることで“体温で溶ける”事を表す事も できますが、50度程度のお湯で実験すると結果が早く現れます。
写真写真2

坐薬をお湯の中に入れるとすぐに溶けはじめます。おしりのなかで同じことが起きることを理解して貰いましょう。
写真3

page top