top of page

高等学校医薬品教育用教材

PPT版  DVD版  DVD版アンケート

 

PPT版(高校生版 授業の一例)

 「高校生版 授業の一例」パワーポイントは、高等学校学習指導要領に沿って作成した教材です。高校における保健体育の授業の参考例としてご利用いただけます。また、高校生版DVDと組み合わせてお使いいただくと、より効果的です。
 是非、ダウンロードしてご活用ください(アンケート付き)。

パワーポイントの内容

スライドは計37枚で構成されています。

【概要】

中学校保健体育での医薬品の内容の振り返り 9枚

医療用医薬品と一般用医薬品、一般用医薬品の販売の規制 11枚

承認制度による有効性や安全性の審査 5枚

医薬品の特性(剤型)や薬の説明書 2枚

副作用 5枚

※スライド全てを確認するにはこちらをクリックしてください

パワーポイントの監修

鬼頭 英明 法政大学スポーツ健康学部教授

パワーポイントのダウンロード方法

以下のボタンをクリックし、3つのアンケートに回答頂ければ、無料でダウンロードできます。

パワーポイント「高校生版 授業の一例」ダウンロード






 

DVD版「医薬品とは-高等学校医薬品教育用教材-」

 本DVDは高等学校学習指導要領に準じた教材で、保健体育の授業や、保健指導などの医薬品教育の補助教材としてご利用いただけます。本編約40分、補足編約34分、計74分で構成しました。
 送料のみの負担で、保健体育教諭、養護教諭、学校薬剤師の希望者に提供しています。詳しくはページ下の問い合わせ先、入手方法をご覧ください。

ダイジェスト版再生(約5分)

[Chapter3.医薬品ができるまで]より前半概要部分

DVDのポイント

  • 視覚に訴える動画や写真を多用し、DVDプレーヤーで再生できます。
  • 教育者が必要な部分を自由に取り出せ、チャプターごとに再生できます。
  • 1チャプター15分以内で、限られた授業時間の中で使いやすい構成としています。
  • 本編の[Chapter3.医薬品ができるまで]は概要と、各ステップ毎の詳細で構成しています。
  • 補足編には、薬の歴史や最新の薬など、生徒の興味をひくような内容も収録しています。

DVDの内容

計 約74分(本編+補足編)

本編 約40分

はじめに~自然治癒力と医薬品~ 約3分

人間が生まれながらに持つ自然治癒力と医薬品との関係、両者と深く関係しているセルフメディケーションについて解説します。

1.医薬品とは 約5分

医薬品の「定義」や、医療用医薬品と一般用医薬品、さらにジェネリック医薬品などの「種類」について解説します。

2.一般用医薬品の販売の規制 約4分

自らの判断により薬局やドラッグストアなどで購入する一般用医薬品には、販売に規制があります。一般用医薬品の3つの分類(第1類、第2類、第3類医薬品)について解説します。

3.医薬品ができるまで 約15分

新しい医薬品は、基礎研究や各種試験、国による承認審査という長い道のりを経て、はじめて患者さんのもとへ届けられます。全体の概要(前半約5分)と、各ステップ毎の詳細(後半10分)で構成しています。授業内容に合わせて活用できます。

4.医薬品の特性(医薬品の剤形と特徴) 約3分

より効果的で安全に、そして使用しやすいように、医薬品にはさまざまな工夫が凝らされています。内用剤、外用剤、注射剤などの医薬品の剤形や特徴、工夫について解説します。

5.医薬品の使用法 約7分

全ての医薬品は主作用と副作用の両方を併せ持っています。医薬品の血中濃度や、使用量・使用時間・使用回数など、安全で効果的な医薬品の正しい使い方について解説します。中学校でも活用できます。

6.副作用 約4分

医薬品の本来の目的以外の好ましくない働き、副作用。決まりを守って使用しても起こることがあります。副作用の定義とその対処、副作用被害救済制度について解説します。

補足編 約34分

医薬品の役割 約5分

病気の原因を除いたり、自然治癒力を助ける医薬品。「検査・診断」「治療」「予防」などの医薬品の使用目的や、適正使用の一連のサイクルについて解説します。

実験から学ぶ「医薬品の正しいのみ方」 約4分

空カプセルを用いた「十分な量の飲み物でのむ理由」についての実験、ジュースを用いた「水かぬるま湯でのむ理由」についての実験の2つを紹介します。

医薬品の歴史 約6分

世界最古のくすりは5300年前のアイスマンが持っていた?! 古くは紀元前2200年前のメソポタミアの粘土板に書かれていたくすりから、明治時代の日本人による新たな医薬品開発までを解説します。

医薬品の現在・未来~医薬品の今 約3分

医薬品は20世紀後半から著しい進歩を遂げ、治療法のなかった結核の治療薬が開発されたり、手術ではなく医薬品で治療できるようになった病気もあります。医薬品の「今」を解説します。

医薬品の現在・未来~医薬品の歩み~ 約5分

昔の医薬品はどのように作られていたのでしょうか?医薬品を作るための技術が発達した「今」と「昔」を比べながら解説します。

医薬品の現在・未来~医薬品の未来~ 約6分

30年以上にわたり日本人の死亡原因のトップである「がん」。この強敵に対し、研究開発の真っ最中である「がん治療薬」の新戦術をご紹介します。

医療保険制度と医薬品 約3分

保障証があれば日本全国どこでも医療が受けられる、世界で唯一の医療制度「国民皆保険制度」。医薬品が医療保険やその他の公的補助の対象になっていることについて解説します。

医薬分業とお薬手帳 約4分

医師が診察・診断して医薬品を処方し、薬剤師が調剤する「医薬分業」、また、患者さんが使用している医薬品を記載する「お薬手帳」について解説します。

スイッチOTCと家庭薬とは 約2分

医療用医薬品のうち、十分に使用経験があり、比較的副作用が少なく安全性が高い成分を一般用医薬品として使えるようにしたスイッチOTC薬、そして、日本の伝統と文化に育まれた「家庭薬」について解説します。

DVDの監修、協賛、資料提供、協力、企画・制作団体

監修
鬼頭 英明 法政大学スポーツ健康学部教授
望月 眞弓 慶應義塾大学薬学部教授
協賛
公益社団法人日本薬剤師会
資料提供
米国研究製薬工業協会/富山市教育委員会/(株)宝来社/
(株)ケイエヌビィ・イー/日本創造企画(株)
協力
岩手大学農学部附属農業教育資料館/おおとし内科クリニック/
学校法人北里研究所/第一三共株式会社/ツカハラ薬局/
「長井長義傳」(日本薬学会提供)
企画・編集
くすりの適正使用協議会
日本製薬工業協会
日本OTC医薬品協会

DVDについての問い合わせ、入手方法

本DVDは高校生用教材であり、高等学校を担当する保健体育教諭、養護教諭、学校薬剤師の希望者に送料のみ負担(着払い)頂くことで提供しています。
送付をご希望の方は、申込用紙をダウンロードしてご記入のうえ、下記までFAXにてお申込み下さい。
なお、DVDの使用者には、今後の教材検討のためにアンケートをお願いすることがあります。

DVD「医薬品とは-高等学校医薬品教育用教材-」申込書

一般社団法人 くすりの適正使用協議会 高校生向けDVD担当宛

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-2 日本橋Nビル8F
TEL 03-3663-8891 FAX 03-3663-8895

DVD解説書のダウンロード

DVDに添付している解説書は、こちらからダウンロードできます。

DVD解説書

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧になるには
Adobe Readerが必要です。



 

学校薬剤師向けアンケートの結果について(第1回アンケート)

 本DVDは、公益社団法人日本薬剤師会・学校薬剤師部会のご協力のもと、全国約6,000校の高等学校へ、各学校の学校薬剤師を通じて提供されました。
この度、日本薬剤師会と当協議会は、DVDの提供状況の確認と今後の教材作成の参考とするために共同でアンケートを実施し、結果をまとめました。
結果は以下よりダウンロードできます。

 

  • 目的:高等学校用DVD提供の状況確認ならびに今後の研修会の企画、教材作成の参考情報の収集
  • 調査期間:平成25年3月~12月
  • 調査対象:高等学校を担当する学校薬剤師
  • アンケート回収枚数(回収数/配布数):1,001枚/6,280枚(回収率:16%)
  • DVDアンケート結果

     教材使用者向けアンケートの結果について(第2回アンケート)

     本DVDは、公益社団法人日本薬剤師会・学校薬剤師部会のご協力のもと、平成24年末~平成25年にかけて、全国約6,000校の高等学校へ、各学校の学校薬剤師を通じて提供されました。
     この度、高等学校用DVDの使用状況確認ならびに今後の教材作成・改訂の参考情報の収集を目的に、高等学校で医薬品教育に携わる方を対象として、第2回目のアンケートを実施し、結果をまとめましたので報告します。
     結果は以下よりダウンロードできます。

     

  • 目的:高等学校用DVDの使用状況確認ならびに今後の教材作成・改訂の参考情報の収集
  • 調査期間:平成27年5月~9月
  • 調査対象:高等学校で医薬品教育に携わる方(学校薬剤師、保健体育教諭、養護教諭)
  • 調査方法:日本薬剤師会の学校保健調査とあわせて配布・実施
  • アンケート回収率:24% ※1(1,423枚/6,059校 ※2)
    ※1各校でコピーして1校あたり複数名が回答した可能性もあり、回収率は参考値である
    ※2高等学校4,963校、特別支援学校1,096校
  • DVDアンケート結果

    page top